So-net無料ブログ作成

伝染性単核球症に気づくのが遅れた3つの理由 [リンパ節炎体験記]

我が家の息子もなった、リンパ節炎に似た病気、
伝染性単核球症ですが、どうして気づくのが遅れてしまったのか?

少し、考えてみました。

 

【スポンサードリンク】








気づくのが遅れた理由

 

伝染性単核球症では、

肝臓の腫れ

が、もっとも重篤な症状と言ってもいいでしょう。
腫れている肝臓に強い衝撃や圧迫を受けると、
破裂し、最悪のケースも考えられます。

 

しかし、我が家では腹痛を訴えていたのに、
異常を気づかずに過ごしていました。 
親として、最悪だと思います。

でも、なぜお腹が痛いと言っている息子に、
異常を感じなかったのでしょうか?

 

それには、理由があります。

1. 普段からお通じが良くなかった
2. 数日間、便が出ていなかった
3. 甘えたいときや構ってほしいときに、仮病を使うことがあった 

この3つです。 

 

わたしの体質に似てしまったせいか、
息子のお通じは固くコロコロなものです(汚い話でスイマセン)
なので、出たとしてもスッキリという感じではなく、
中に溜まっているんだと思っていました。

そして更に、数日間お通じがない日もあったので、
お腹が痛くても当たり前だと思っていました。

また、一人っ子な息子は甘えん坊なところがあり、
当時は構ってほしくなると、お腹が痛いと言うことがあったので、
正直、「またかー」くらいに思っていました。

 

他の症状としては発熱もありましたが、
継続的に出るものでもなく、1~2日くらいで平熱に戻っていたので、
男の子って小さい頃は体が弱いし・・・とか、
保育園で疲れているのもあるし、風邪をうつされたんだと思っていたんです。

 

なので、深刻な病気だなんて、全く思っていませんでした。

 

 


気づいた理由




では、今まで気づかなかったのに、
どうして気づくことができたのか?ですが、
一番は、病院での血液検査と触診です。

 

しかし、病院に行く以前でおかしいと感じたのは、
リンパ節の腫れでした。

当時は知識も全くありませんでしたから、
もしかしたら、おたふく風邪になったのかもしれないと思っていたんです。

 

そこで、リンパ節炎と、のちに伝染性単核球症と診断されるんですが、
肝臓はすでに腫れている状態だったと思います。
腫れているから疲れが出てくる夜に、痛みが出ていたんですから。

知らないで保育園にも遊びにも連れていってましたが、
その間に破裂しなくて良かったなと本気で思っています。

 

 




自分を擁護するワケではありませんが、
親だって万能ではありませんし、判断を間違うこともあります。

 

なので、もし、あなたのお子さんがいつもより腹痛などの不快症状を、
継続して訴えているなら、病院に連れて行ってください。

特に我が家の息子のように、普段から便秘気味のお子さんは、
見極めが難しいと思います。

あまりにも心配し過ぎるのはよくありませんが、
我が家の息子のような場合もあることを、覚えておいてくださいね。


【関連記事】 

 伝染性単核球症での肝機能障害についてはコチラ

 病院受診から単核球症までの体験記はコチラ

 伝染性単核球症の原因EBウイルスについてはコチラ 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。