So-net無料ブログ作成
大人のリンパ節炎 ブログトップ

友人がリンパ節炎で苦しんだ6か月間の体験 [大人のリンパ節炎]

リンパ節炎は子供がなる場合が多いですが、
大人はならないワケではありません。 

私が結婚するかなり前の話ですが、友人がリンパ節炎になったことがあります。
15年ほど前なので、今とは医療もだいぶ変わってきていると思いますが、
お話しさせていただきますね。



症状的には子供のリンパ節炎とほぼ変わりありませんが、
大人の場合、決定的に違うのはガマンしてしまうところです。

友人も夜になると38度以上の熱が出て、朝には下がるの繰り返しでしたが、
朝から日中は平熱ですから、すぐには病院にいきませんでした。
本人は疲れや風邪だと思っているので、 市販の風邪薬や解熱薬を飲んでいたようです。

しかし、熱は下がるどころか日に日に高くなっていきました。
そして、首のリンパに違和感を感じ、触ってみるとかなり腫れていました。
さすがに、これはおかしい!と思い、病院に行きますが、ほとんどの人と同じように、
最初は友人も個人病院に行ったんです。

結果、そこの病院でリンパ節炎と診断はされず、
悪質な風邪のように言われ、薬をもらって帰ってきました。

病院で出される薬を飲めば良くなるだろうと思っていましたが、
症状は全く良くならず、さすがに私を含めた友人や、
そのコの親御さんも心配するようになってきました。

もちろん、本人が一番不安だったと思います。
ここでやっと、総合病院に行って検査をしてもらうことになりました。

 


もし、あなたがこの様な症状で、病名がわからなかったら何科を受診しますか?



きっと、多くの人が内科じゃないかと思います。
友人も最初は内科を受診しました。
しかし、総合病院ですから、病名が判明すれば適切な科にまわしてもらえますし、
検査も全てできるようになっていますから、そこは問題ありませんでした。

ネックと言えるのは時間がかかり過ぎることくらいです。
総合病院ってこれでもか!ってくらい時間がかかりますからね。

この総合病院に、友人は数ヶ月お世話になることになるんですが、
当時の医学のせいなのか、それ以外の理由なのか、
すぐにリンパ節炎と診断されたワケではありませんでした。

パッと見の血液検査ではわからず、詳しい検査をすることになり、
1週間後にまた来てくださいと言われたそうです。

そして、1週間後に案内されたのは血液内科だったそうです。
血液内科と聞くと、白血病や悪性リンパ腫のイメージがあり、
友人も「マジで!?」と思ったようなんですが、
それから診断までには、更に1週間かかりました。

病名は『亜急性壊死性リンパ節炎』 

問題はコレといって有効な薬がないことで、処方される薬は対処療法的なものです。
友人は症状も強かったため、ステロイド系のプレドニンを処方されました。
私自身、別の病気でプレドニンは服用したことがありますが、
かなり効くステロイド系のお薬で、副作用も強かったです。

友人は副作用の話はしていませんでしたが、
人によっては私のように副作用が強く出るかもしれません。 

死ぬような病気ではないですし、自然治癒するとは説明されたらしいですが、
なかなか治らず、本人も結構まいっている様子でした。

結局、2ヶ月ほどで完治になりましたが、
その後また再発し、首のリンパ節にできたしこりは、
ある程度までは小さくなりましたが、そのまま残ってしまいました。



私自身は脳の病気をした際に感じたことですが、
上記の友人にも同じことが言えます。

1週間たって症状が改善しないときには総合病院!

だって、インフルエンザだってノロウイルスだって、
1週間もあれば体力があり、変な場所にウイルスが侵入しなければ治ります。
もし、あなたが1週間以上も症状が改善されない場合は、
自分の体力を過信せずに、総合病院を受診することを強くオススメします!

 

【関連記事】 

➜亜急性壊死性リンパ節炎の治療の記事ハコチラ 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
大人のリンパ節炎 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。