So-net無料ブログ作成
検索選択

リンパ節炎で入院する場合はどんな時? [リンパ節炎の種類・治療法]

リンパ節炎で入院したという話を聞くこともあれば、
そのまま自宅療養で治る人もいますが、
一体、何が違うんでしょうか? 



【スポンサードリンク】







 


 入院になるケースとは?


 

リンパ節炎は種類にもよって治療方法が違います。
また、 入院となるケースもさまざまで、
コレだから入院!とは、言いきれない部分もあります。

ですから、こういう感じだと入院になるんだなくらいで、
参考程度に見てくださいね。

 

リンパ節炎だけに限りませんが、症状が強く表れている場合
入院になるケースがあります。
例えば

リンパ節の腫れでリンパの痛みが強い
高熱が続いて衰弱している

などです。
特に体力のない子供などは、入院になるケースが多いです。
衰弱していると、体のほかの部分にも影響が出ている可能性がありますからねー。 

 

また、リンパ節炎と似たほかの病気を疑われた場合も、
入院になるケースがあります。
川崎病が代表的です。

川崎病の場合、早く治療を開始することが、かなり重要なので、
疑いアリの時点で、治療を開始していくこともあります。

担当する医師からは、川崎病の疑いアリなのでときちんと説明があると思います。
川崎病は、子供(特に4歳以下)がかかる病気ですので、
大人の場合はコレには該当しません。

 

ほかには、リンパ節の腫れと発熱以外に、
腹痛などを訴えている場合も入院になるケースがあります。
うちの息子の場合は、伝染性単核球症と病名がハッキリしてからでしたが、
病状が回復傾向にならず、酷くなるか横ばいの場合は、入院と言われていました。

 

伝染性単核球症で気をつけなければいけない話はコチラ  

 

これは素人の見解ですが、血液検査の数値が良くなかったり、
痛みが強く表れている場合は、入院しながら検査になるのかなーとも思ってます。

 


 生検で入院?





生検が必要になる場合も入院になることがありますね。

私自身、リンパ節炎ではありませんが、脇の下のリンパにしこりを発見して、
大きな病院で生検を受けたことがあります。乳がんなどを疑っての受診・検査でした。

ほぼ良性で心配なら生検しますという程度だったので、
私が行ったのは針生検でした。

感想としては、結構痛かったです。
普段、針を刺さない場所に刺すので、それなりに抵抗はありましたが、
検査自体はすぐに終わるもので、そのまま家にも帰れます。 

 

針生検は簡単な検査ですが、検査する細胞サンプルが少ししか取れないので、
確定できない場合は、切開する生検になることもあります。

最初から切開になることもありますが、これは医師の判断次第ですね。

切開する生検の場合は、入院する必要があります。
切る場所によって、局所麻酔、全身麻酔が選ばれますが、
どちらにしろ麻酔は必須です。

手術という形になるため、尻込みしてしまう人もいるでしょうが、
きちんと検査すれば、不安も解消されますし、
最悪の事態になったときにも、治療を早く開始できます。

 

手術というとリスクを考える人もいますが、
リンパ節の生検は、取り出す場所にもよってリスクが変わってきますので、
そこは、主治医や執刀医の説明をきちんと聞いてくださいね。 

 

 




だいたい、リンパ節炎での入院は1週間以内に退院になることが多いようです。
お子さんの場合は、親御さんも心身ともに大変ですが、
親子で頑張っていきましょう!

 

大人の場合、具合が悪いときは考えられませんが、
ユックリ休養できる機会だと思い、ダラダラしてください(笑)
元気になってくると暇ですけどね。 

 

【関連記事】 

リンパ節炎の種類・症状・治療法その1はコチラ

リンパ節炎の種類・症状・治療法その2はコチラ

川崎病の症状や気をつけるポイントはコチラ 

 




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。